キャッシングという言葉の意味

« キャッシングサービスの会社選び | メイン | キャッシングと法改正 »

キャッシングという言葉の意味はご存知でしょうか。キャッシングの宣伝は、この頃はテレビや雑誌、吊り広告など様々な場面で見かけるようになりました。混同されがちなクレジットとの違いは何なのでしょうか。契約時に決めた以下なら、何度でもお金を借り入れできるものがキャッシングといわれます。

クレジットとは掛け売りのことで、限度額以下であれば商品の決済ができます。クレジットの場合、カード会社の加盟店でなければカード決済ができないという注意点があります。金銭融資を受けるキャッシングなら、使い道の制限がないものなら何にでも使えるというわけです。キャッシングには、銀行からできた銀行系シャッキング、信販会社による信販系キャッシング、そして消費者金融系キャッシングがあります。お金を借りると利息がつきますが、キャッシングでは貸し付け条件にある金利に応じた利息が返済額に加算されます。金利が低ければ利息額が少なく済みますから、それだけ返済総額が少なく済みます。

キャッシング会社の選択する時は重要な指針になるでしょう。保証人や担保がなくてもキャッシングは利用できますし、手続きも簡単なものが多いので、つい返済能力を超えた金額を借りてしまう方もいます。返済プランをしっかり立て、利息を支払ってまでクレジットを利用する意味をはっきりさせてから利用することをおすすめします。

サイトTOPへ